2010年7月21日
第23回音声ガイド勉強会参加者募集

【エリア】東京都・港区
第23回音声ガイド勉強会のご案内

今回は、コメディ映画『落語娘』を課題にガイドづくりに挑戦します。
永田俊也の同名小説を『12人の優しい日本人』の中原俊監督が
映画化した、とっても楽しい作品です。
経験者も未経験者も歓迎します。是非、お申し込み下さい。

□音声ガイド勉強会って何するの?

[音声ガイド]とは、テレビドラマの副音声に似た映画の視覚的な情報を補う
ナレーションです。目の不自由な方々は、映画の音や台詞を聴き、
映像を想像しながら楽しみます。
その想像をより鮮明にするのが、[音声ガイド]の役割です。

台詞の合間や場面転換などの短い時間制限の中で、画像情報から何を選びとり、
どのような言葉で表現するか?を考える音声ガイドづくりは、
私たちに映画の見方と言葉のコミュニケーションを学ぶ機会を与えてくれます。
この勉強会では、上映を予定している課題作品の音声ガイドを分担で作成し、
皆さんと映像を見ながら音声ガイドが画面に的確かどうか考えていきます 。

映画がお好きな方、アナウンスやナレーション等に興味のある方も、
是非この機会に、音声ガイドづくりという新しい世界に、
一歩踏み出してみませんか?

■ 参加費:無料
■ 主催:バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ
■ 進行役:シティライツ代表 平塚千穂子

■  参加条件
・できれば半分以上の出席が可能な方。
・自宅でビデオまたはDVDを見ることのできる方。
・エクセルの使用が可能な方。(必須条件ではありません。)
※音声ガイドづくりは全く初めてという方も大歓迎です。

■場所:東京都障害者福祉会館
(JR山手線・京浜東北線 田町駅より徒歩5分/都営地下鉄三田駅A8出口よりすぐ)
地図→http://www.ne.jp/asahi/city/lights/kaikan_map.gif

■課題作品「落語娘」(2008年/日本映画/カラー/109分)
監督:中原俊 出演:ミムラ、津川雅彦、益岡徹、伊藤かずえ ほか

(あらすじ) 幼い頃に魅せられた落語の世界に飛び込んだ、香須美(ミムラ)。
女というハンデに加え、師匠は落語界の問題児であった。
伝統芸能の強い風当たりを受ける彼女だが、女前座として日々奮闘していた。
ところが、そんなある日、師匠の平佐(津川雅彦)が突然、
禁断の噺「緋扇長屋」に挑むと言うからさあ大変! 
平佐の運命、そして噺の顛末やいかに?

■スケジュール

7月23日(金)
初回ガイダンス 11:00〜13:00(ガイドづくりの基礎と進行の説明・教材配布)
※はじめて参加の方のみ。必ずご出席ください。
(日程があわない場合は個別対応いたしますので、ご相談ください。)

8月6日〜8月27日(毎週金曜)
音声ガイド検討会 10:00〜16:00
(分担で作ってきた音声ガイドを各自発表し、みんなで映像をみながら検討します。)

9月3日(金)
最終チェック 10:00〜16:00
(修正→監修を経て、仕上がった音声ガイドを全編通してチェックします。)

【お申し込み方法】

下記のページの申込フォームからお願いします。
http://www.ne.jp/asahi/city/lights/gaide-learning.html

定員に達し次第締め切らせていただきますので、
お早めにお申し込み下さい。