2011年3月3日
2011年4月2日『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(ハートピア京都)

日時:2011年4月2日(土)13:30〜
会場:ハートピア京都(烏丸丸太町下る東側)

ライオンズクラブ主催の日本語字幕・副音声つき上映会のお知らせです。
入場無料、事前申込みが必要です。
どうぞ お誘いあわせてお越しください。

☆★
・4月2日(土) 13:30
・ハートピア京都(烏丸丸太町下る東側)
地下鉄 丸太町駅下車 5番出口スグ上
市バス 烏丸丸太町スグ
・入場無料

・申込み  京都リップル
TEL. 075-464-0565
FAX. 075-464-5119
メール michiko@kyoto.zaq.ne.jp

(メールの場合は必ず 件名に バリアフリー上映申込みと書いてください)

お名前 電話(FAX)番号 人数をご連絡ください。
先着順に受け付けます。満席になり次第締切

もより駅から会場まで手引きいたします。

・主催 京都ロイヤルライオンズクラブ

上映作品:「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

出演 :中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ 三浦貴大 奈良岡朋子ほか

「大人が夢見てもいいんですね・・」

一流企業に勤める49歳
昇進も決まり会社での立場は確立、しかし家庭を顧みない男が主人公の物語。
上り調子で来たこれまでの人生、仕事に追われ走り続けてきた日々。
気がつくと息切れした自分がいる。そして決意する。
子供の頃、母親に語った自分の夢「バタデン」の運転士になることを。

島根を舞台に、そこに暮らす人々の温かさ、再び繋がる家族の絆が描かれています。
出雲の大自然を走るバタデンと美しい田園風景が、我々が忘れかけている
日本の原風景を思い起こさせてくれます。

大人になってもいつからでも 人は前に進むことができる。
心に響く感動作。
☆★

(情報提供:京都リップル)