2012年6月3日
2012年6月3日 『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』ライブ音声ガイド付き上映(シネマジャック&ベティ)

日時:2012年6月3日(日曜日)12時45分〜
会場:シネマ・ジャック&ベティ

毎度おなじみ、シネマ・ジャック&ベティでの音声ガイド付き上映のご案内です。
6月の作品は、若松孝二監督の最新作。
「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」「キャタピラー」に続く「昭和3部作」で
本日、5月16日から開催されるカンヌ映画祭では
「ある視点」部門の招待作品として上映される話題作です。
若松監督作品といえば、ヨコハマらいぶシネマ!ということで
どうぞご期待ください。

以下、上映案内です。転送転載大歓迎。興味のありそうな方にお知らせください。

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』
日時:6月3日(日曜日)12時45分
場所: シネマ・ジャック&ベティ
(神奈川県 横浜市 中区 若葉町 3ー51)
TEL: 045-243-9800
鑑賞料:1000円(晴眼者も一律)
【監督】若松孝二
【出演】井浦新、満島真之介、寺島忍
(2012年/日本/119分)
<ストーリー>
数々の名作と伝説を遺し、1970年11月25日に防衛庁内で衝撃的な自決を遂
げた一人の男、三島由紀夫。頂点を極めた大作家の壮絶な最期に、世界中が
驚愕した。45歳という短い人生に自ら幕引きした彼は、その人生において
何を表現したかったのか。ともに割腹した青年・森田必勝(楯の会学生長)
と三島の、その心の奥底には何が潜んでいたのか。強烈な人間の衝動を映像
に封じ込め続けてきた鬼才・若松孝二が、11.25自決までの三島と若者たちの
魂の軌跡を追う。

※音声ガイドは、FM88.5MHzで放送します。ラジオをお持ちの方はご持参
ください。(貸出用ラジオもございます。)
◎視覚障がい者のかたで、当日駅から誘導をご希望のかた。ボランティアをご
希望の方のみ、お申し込み下さい。(劇場へ直接いらっしゃる方は、お申し込
み不要です)

【申込方法】
誘導やボランティアをご希望の方は、以下の内容に従って、メール、またはお
電話にて、お申し込みください。
(ボランティアの方には、視覚障害者の誘導やラジオの配布をお手伝いいただ
きます)

メールの宛先は、
barrierfree-info@koganecho.com

下記の項目をお知らせください。

1:お名前
2:参加人数(視覚障害者と晴眼者の内訳も)
3:電話番号(あれば携帯の番号をお願いします)
4:鑑賞される作品
5:京浜急行「黄金町(こがねちょう)」駅と、市営地下鉄「阪東橋」駅改札
の、どちらにいらっしゃるか。
※黄金町駅の改札口の位置が変わりましたのでご注意ください。
※ボランティアでお申し込みの方は、最後に「ボランティア希望」と明記して
下さい。

【申込締切り】
6月1日(金曜日)まで。

<お問い合わせ先>
TEL:045-243-9800 (シネマ・ジャック&ベティ内)
FAX: 045-252-0827
メール: info@koganecho.com

<劇場への道案内はこちら>
http://www.jackandbetty.net/sy……itizu.html

「ヨコハマらいぶシネマ」の活動状況はブログでもご紹介しています。
http://ameblo.jp/yokohama-live-cinema

(情報提供:ヨコハマらいぶシネマ)