2012年3月10日
2012年3月10日「星の国から孫ふたり」バリアフリー上映(飯田文化会館)

日時:2012年3月10日 10:30〜/14:00〜
会場:飯田文化会館

「星の国から孫ふたり」上映会

星の国からようこそあなたに会えてよかった
「星の国から孫ふたり」
〜「自閉症」児の贈りもの〜
副音声・字幕付

平成24年3月10日(土)
第1回 10:30〜(開場10:00)
第2回 14:00〜(開場13:30)

飯田文化会館
大人(高校生以上)1,000円(当日1,500円)
小・中学生800円(当日同額)

主催:NPO法人 飯田ボランティア協会 飯田市松尾代田1709-1 
TEL:0265-52-9152   FAX:0265-52-9162

監督:槙坪多鶴子  原作:門野 晴子 脚本:下島三重子

企画制作:パオ(有)

<ものがたり>
作家の太田弓子(馬渕晴子)はバークレーから帰国した娘の陽子(加藤忍)、その夫の敏夫(比留間由哲)、3歳になる孫のかおると久しぶりに再会した。だが、かおるは、まだおむつも取れず、「プーラペン……デュワイン!」とまるで宇宙語のような言葉を発し、医者に診てもらうと「自閉症の疑いがある」との診断。仕事人間の夫は、「子育てに問題があるのでは」と陽子を責める……。 一方、弓子は「自閉症って不思議がいっぱい」と前向きに日々のかおるの成長を見守る。そこに、バークレーから、発達障害の専門家・村井ひとみ(乾貴美子)が訪れ、「アメリカでの積極的な自閉症(オーティズム)への早期発見、早期療育の取り組みは人々が勝ち取ってきた」と語る。弓子の息子・拓也(ミョンジュ)は、ひとみとスカイプで交信しながら発達障害の専門家になる勉強を始める。そんな時、妹のらんも自閉症だと認定されてしまう。再びゆれる家族……。 らんは、幼稚園に、かおるは小学校の特別支援学級に入学する。かおるはそこで母をなくし心を閉ざしたマリアと出会う。「自分本位と言われている自閉症のかおるがマリアを想って泣いた!」かおるの初恋だと喜ぶ陽子達。「みんなに、もっと、かおるとらんのこと、自閉症について知ってもらおう」と弓子達は地域の人たちへ支援の輪を広げるために街へ出る。

<プレイガイド>
飯田文化会館 平安堂飯田本店 平安堂座光寺店 アピタ高森店 ちひろ書店 アートハウス 和楽 喫茶蔵前 茶房深山 しなの路 ふもとのカレー大原屋 バオバブ

(情報提供:長野映研)