2011年9月12日
2011年9月12日『おじいさんと草原の小学校』音声ガイド+字幕朗読付き上映(岩波ホール)

日時:2011年9月12日 18:30〜
会場:岩波ホール(東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル10F)

 

岩波ホールの音声ガイド+字幕朗読付き上映のご案内です。
今回は、9月12日(月曜・夜)。作品は、『おじいさんと草原の小学校』。
ケニア独立戦争の戦士として戦い、壮絶な過去を乗り越え、
84歳にして小学校に入学し、「世界最年長の小学生」として、
ギネス記録を持つ、キマニ・マルゲさんの実話を映画化した作品です。
ー私にとって自由とは、学校に行き学ぶこと。もっともっと学びたい―
2009年にこの世を去るまで、学び続けたマルゲさんに、
心震わせられる感動作。是非、皆様にご鑑賞いただきたいと思います。
以下、上映会の詳細です。晴眼者も遠慮なくお申し込み下さい。

————————————————————————

岩波ホール『おじいさんと草原の小学校』
音声ガイド+字幕朗読付き上映のお知らせ

日時:9月12日(月曜日)
集合:17時50分 岩波神保町ビル1階エレベーターホール(神保町駅A6出口直結)

上映開始:18時30分~(映画は103分です。)
鑑賞料:1400円。
ガイド方式: 音声ガイドと字幕朗読は収録したものを再生します。
FM88.5MHzで、ラジオでお聞きいただきます。

【上映作品】
『おじいさんと草原の小学校』
(2010年/イギリス映画/103分/カラー)

壮絶な過去を乗りこえ、夢をつかんだ“84歳の小学生”
世界中が心震わせ、歓喜にわいた奇跡の実話

米紙ロサンゼルスタイムズに掲載された1本の記事。
そこには、子どもたちと机を並べ、勉強する84歳のケニアの老人、
キマニ・マルゲの人生が語られていた。
すべてを失いながらも、祖国解放と自由のために戦い、
“学ぶこと”の大切さを誰よりも知るからこそ、死ぬまで勉強を続けた信念の人。
そんな彼の姿に胸を打たれたジャスティン・チャドウィック監督ほか、
数々のアカデミー賞作品を排出する一流の製作陣たち―
―彼らは、マルゲの歩んできた人生の旅路を、
そしてメッセージを世界中に伝えるべく、映画化へと動き出した。
“世界最年長の小学生”としてギネス記録を持つキマニ・マルゲ。
彼の情熱と、子どもたちのあふれるエネルギー、そして果てしなく続くケニアの大自然。
この物語は、国や世代を超えて、私たちに未来への希望を託してくれるだろう。

【申込締切】
9月7日 24時

【申込方法】
以下の内容に従って、メールまたはお電話にて、お申し込みください。

件名に『おじいさん』申し込みと書いて
宛先は同行鑑賞会専用アドレス
doukou@citylights01.org

▼本文に以下1~5の項目を明記してください。
1:お名前(ハンドル名でも可)
2:参加人数(複数人数で参加の方は、視覚障害者と晴眼者の内訳)
3:誘導の要・不要 ※何線でいらっしゃるかも明記してください。
 (半蔵門線/三田線/新宿線)
 ◎晴眼者(目の見える方)には、視覚障害者の誘導をお手伝いいただきます。
晴眼者の方は、ここに「誘導ボラ」とご記入ください。

4:当日連絡が取れる電話番号
5:食事会への参加の有無
(※映画が終った後、劇場の近くのお店に行って、お食事をします。
 各自、自分の注文したものを清算する自腹制です。お気軽にご参加下さい。)

【お知らせ】
参加申込をされた方へは、開催日の3日前までに受付確認メールを差し上げます。
何も連絡がない場合、見落としがあるかもしれないため、
以下までご連絡ください。
doukou@citylights01.org
または、シティライツ事務局 03-3917-1995

 

(情報提供:シティ・ライツ)