出かけよう:全国のバリアフリー上映会及び映画祭の開催情報を掲載!

「バリアフリー映画」とは、映画を鑑賞する上で様々なアクセスバリアをかかえた人たちと、共に映画を楽しむことができるよう環境を整える映画のことです。
最も映画鑑賞が困難とされる目の不自由な方々も、セリフの合間に場面の視覚的情報を補う音声ガイドナレーション(副音声)を聴く環境を整えれば、映像を想像しながら楽しむことができます。また、耳の不自由な方々も、日本映画に字幕をつける、手話をつけるなどの環境を整えれば、日本映画を楽しむことができます。

再生にはFlash Playerが必要です(Flash Playerはこちらのダウンロードサイトより無料でダウンロードできます)。

このような音声ガイドや字幕は、学習障がいの方や、見えにくい、聞こえにくいお年寄りにも映画鑑賞をサポートするツールにもなり、特に視聴覚に障がいのない一般の方々にとっても、映画を「よりわかりやすく」鑑賞するためのツールとなります。
また、劇場では自由に座席を選ぶことのできない車いすの方に、自由な鑑賞スペースを用意したり、日本語がわからない外国人のために英語字幕をつける、小さなお子様をお連れの方のために親子鑑賞室や託児所を用意する、といった環境づくりもバリアフリー映画会につながる工夫の一つです。
「みんなでつくろう。感じよう。バリアフリー映画会」では、どうしたらみんなと共に映画を楽しむことができるか?また、安心して参加することができるか?を考えることからスタートします。それは、障がいをお持ちの方々が、日常生活にどんな不便さを感じているのか?を知るきっかけにもなります。
日頃、関わりの薄かった多種多様な人々が、当サイトを通じてふれあい、感動を共にする喜びの体験は、地域交流の促進や人に優しいまちづくり等、これからのユニバーサル社会の創造に、必ずや生かされていくことと考えています。

バリアフリー映画のトピックスを見てみる

ページの先頭へ戻る